A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大竹伸朗展
幼少期から現在までの膨大な数のエスキースやスクラップも交えた、大回顧展の様相を呈した展覧会。一貫して「描くこと=人生」といった態度には圧巻される。しかし、トーンはいつでも一緒。僕も昔毎日のように絵を描いていたが、ある時見返してみていつもまったく一緒だという事に気が付き作家としての自分に悩んだことがある。同一性=よき作家とは限らない。大竹さんは色々な刺激にあわせてその影響を受けながら(悪く言えば真似しながら)作品を作るタイプの人間である。だから、今まで使ったことのない違ったマテリアルや人に出会った時のほうが良き反応をする作家だ。会場ではボアダムズばりのノイズミュージックが流れていたが、よく見ると大竹さんがやっていた。会場外の白い口を空けたワニのオブジェも大竹さんの作品で、写真を撮ろうとしたら、「作品ですから写真はご遠慮ください。」と言われる。美術館に展示すること=作品という図式・慣習はいくら頑張っても崩れないと感じた瞬間だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heaven.blog2.fc2.com/tb.php/73-7f747130
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。