A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
伊東豊雄展
僕にとって伊東さんの建築との出会いは、八代の博物館である。
開館間もない頃に訪れたその建築は、まだ学生だった僕にかなりのインパクトを与えた。その前後だったか、建築文化のシュミレイテッドシティの建築はかなり読み込んだ覚えがある。今の伊東さんの計画を見ると昔のようなキレが無くなり、その分貫禄がました感が否めない。今回の展覧会で最も目を奪われたのは最初期の住宅案で、まだアーバンロボットと名乗っていた時代のものである。個と公共の関係性を示したようなダイアグラム的建築手法はその後の伊東建築を少なからず示唆している。建築とは年月のかかる芸術である。新しくみえるコンセプトや手法も、実はかなり前から考えられているものも多く、実は見飽きたと見えるものも、それを実現出来る可能性はかなりの確率で低い。しかし、最近の仙台以降の伊東さんの動向を見ていると、そういったものを実現できる「伊東豊雄」という世界的ブランドをついに確立した感じがする。そして今までの組織設計事務所ともアトリエ事務所とも違うなにか新たな事務所形態を模索し、多様な才能を容認し拡散してゆくようなブランドを目指しているのではないだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heaven.blog2.fc2.com/tb.php/72-542c9b3a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。