A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
遊心庵 高松市
日本酒の美味しいBARです。
料理も美味しいらしいけど、今回は飲みだけです。

DSC01196.jpg
セラーの中に所狭しと銘酒が並びます。

DSC01194.jpg
安芸虎 高知県 山田錦 

DSC01201.jpg
鳳凰美田 栃木県 山田錦 生詰


悦 凱 陣  香川県 純米吟醸 赤磐雄町

真打登場です!地元香川県の幻の銘酒!凱陣.
バニラ香というより米っぽいからバナナ香?みたいなまったりとした感じ、吟醸香、まろやかだけどしっかりとした酸味、わずかな甘み、苦味が交じり合って絶妙な味です。
H16年製 日本酒ってこう熟成するものなのかと、その深い味わいにびっくりしました!フレッシュな酸味がまろやかに変化している感じがなんとも「生」なのだなあ~と感じられます。この熟成感がたまらないです。
ワイングラスで少々冷やして出されます。日本酒でもその味わいによって、色々グラスを変えて出すそうです。
今回はリーデルでいうと丸いモンラッシェの形のグラスでした。

最近日本酒を飲む機会がすくなって来ていましたが、久しぶりに本当に美味しいお酒を頂いた気がします。
熟成させるための保存方法や、適切な抜栓時期など、愛情をもって接すれば、こうも日本酒が美味しく飲めるのかと、再認識しました!瓶内熟成で味が変化していく醸造酒の醍醐味です。

DSC01197.jpg
CALERA MILLS 2006 Pinot Noir
ワインもあります。少し冷やした状態で出されたのですが、夏のカリフォルニアの若いピノの飲み方として、正しい気がしました。爽やかに少々冷で口に含み、その後、口の中で香が開がる感じです。というより、実は常温になったらまだ飲み頃では無いのかも?という感じでした。

食べ物好き・お酒好きとわかると連れて来てもらったお店です。
マスターや来ている方々も面白い人ばかりで、新聞社やイベンターの方々と楽しい夜でした!
ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heaven.blog2.fc2.com/tb.php/658-4f9bd867
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。