A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
黒川紀章
今回の都知事選で一番面白かったのは黒川紀章であろう。
都知事選参戦と聞いたときは正直また営業と言うか政治的動きか、と否定的だったのが、いざ、本人登場、討論を聞いていると、まともな事を言いながらもユーモアを交え、なんともオカシイそのキャラクターに釘付けになってしまった。大衆の半分からはちょっとおかしい人だと思われているのが残念だが、今回の候補者の中で唯一、目に見えるヴィジョンとして東京の都市構想をマニフェストにも盛込んでいたのである。自身、社会主義的傾向があることを明言していたが、都市機能のうち政治的機能を分散させ、都市の中心部に住まう施設を増やすと言うのはわかりやすいし、それによる地方の活性化も図れるというのもうなづけるのである。黒川紀章といえばカプセルタワーである。都市には最低限の寝る場所が有り、都市にその他のアクティビティの機能が分在しているイメージはわかりやすいし、ある意味、六本木などでは実現しつつある。あと猥雑なイメージのある「東京」という都市をクリーン化させる歌舞伎町浄化や、築地移転への反対表明にしても肯けるのである。やはり東京の面白さは猥雑さやいかがわしさにあり、それが時代の流れで浄化されてゆくのは反面嬉しい気もするが、反面悲しさもあるのである。今TVで上海の企業で働く青年を特集していたが、雰囲気からなにから日本の企業となんら変わりが無いのである。これがグローバリゼーションか!この青年には貧しい故郷が有り農村風景が頭の片隅に残っている。東京も元は下町の風情が至る所にあったのが最近その下町風情のほうが陰に隠れてしまっている。んん、つまりシンガポールみたいなクリーンな街になって欲しくないって事かな、要するに、、。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heaven.blog2.fc2.com/tb.php/135-acc9221c
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。