A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ESQUISSE ★★★△☆(3.2)
僕が去年一番美味しかったと思った元ミシェルトロワグロのシェフ・リオネルベカ氏と、昔馴染みのタテルヨシノのソムリエ・若林氏がタッグを組み新しいお店をはじめると聞いて前々から期待していました。ミシュラン2☆をとったお祝いに?伺いました。

MENU 14400円 + VIN 8000円 + サ(10%)

まずはPhilipponnat 2003で乾杯。
20121201-0- 023

グジェール
20121201-0- 024
ポンムフリット ナツメヤシのコンフィ ラルド


アントレ1
昆布占めした平目・ケイパー・大根・キャビア・
DSC08063.jpg

エスキスという店名のコンセプト・真っ白いキャンバスに黒い木炭でエスキースしていくようなざらっとしたイメージから、テーブルに花は無し、真っ白いクロスに黒いお皿、カトラリー、というテーマで構成しています。
20121201-0- 025


DSC08065.jpg
バターはフロマージュブランとローファットミルクの自家製ふわっとした食感が印象的。

アントレ2
フォアグラのフラン・穴子・そば粉のチュイル・鴨節・みかん
前にも思いましたが、彼のフォアグラのフランは絶品です!もっと食べたかった~。
DSC08072.jpg

ワインはJasnieres・シュナンブランの香り・甘みがフォアグラに良く合います。
DSC08070.jpg

内装はナチュラル系、NOMAとか北欧系が流行っているのでそんな感じを取り入れたいという事と、リオネルの故郷のコルシカとか南仏系のゆるい感じを表したいという事かららしいです。

アントレ3
ホタテ・トランペット・トリュフ
DSC08087.jpg
ワインはムルソー Meursault clos des meix chavaux 2007
DSC08078.jpg


ポワソン 1
ヨーグルトでマリネした鮟鱇・イカ墨と黒オリーブのソース・法蓮草でまかれた鮟肝
DSC08094.jpg

ワインはGevrey Chambertin 2007
DSC08089.jpg
イカ墨と黒オリーブのジュに良く合って、納得です。

ポアソン 2
厚岸の下に位置する北海道産の牡蠣のポアレ、せんまい漬け、シトロンキャビア
DSC08104.jpg

ワインはRiesling 2006
DSC08097.jpg


ヴィアンド 蝦夷鹿・菊芋、ビーツ・栗のピュレ
20121201-0- 037
ワインはPomrol 2003 Vray Croix de gay
20121201-0- 034

20121201-0- 033



アヴァンデセール
DSC08109.jpg
クレームブリュレ・マールドシャンパーニュのムース・柿のコンポート・ブドウのソルベ・4種のコンフィチュール

デセール
DSC08114.jpg
この構成的なお皿は成田さんです。

ミニャルデーズ
DSC08128.jpg


パティシエ成田氏自慢のしっとりとしたマカロン
DSC08135.jpg

コナコーヒー
DSC08137.jpg

リオネル氏の和を取り入れた斬新なフレンチという方向性はトロワグロ時代から変らず、より軽くなってエアリーな料理になっていました。でも正直、資本の差のせいか?一品一品の完成度は落ちたような印象があり、構成が細かすぎて、ある意味繊細すぎるのかもしれません。若林氏のワインはあまりに正解だし、成田さんのデザートは懐かしかったけど。全体になにかコンセプトが絞りきれていない印象がありました。が、今後に大いに期待しています!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。