A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
L'ATELIER de Joël Robuchon ★▲☆
ランチ2950円+税
P1040743.jpg
”Le paillard " de volaille
薄切りの鶏肉、野菜達 そのままです。。
P1040744.jpg
Le tendance chocolat
欲を言うともう少しなめらさかさが欲しかったかど美味しかったです。
Cappcinno

ヒルズからチケット送られてきたし、久しぶりにハーフの友人Cの顔も見たかったのでランチです。
料理は流れ作業チェーン店的で、見た目はいいけど、可もなく不可もなく、、。サービスはちょっと人数足りないのでは?という感じでバタバタしています。何しろカウンターで、コミもメートルもソムリエも一緒なのだからね、、、。ここはあくまで気軽なバーとして立ち寄る感じでしょう。
スポンサーサイト
TIME LAPSE PLANT @BankART Studio NYK
オープニング 
安藤洋子氏と旧友のYOUちゃん(平井優子氏)が踊るというので見に行く。
川口隆夫さんにも再会したりして、皆10年間何も変わってない感じでした。
ダンスは、さすが安藤氏、フォーサイスに認められるだけあって、動きそのもので空気を変えられる稀に見るオーラを感じました。この人筋肉の一つ一つを頭でコントロールできるんだろうなあ、、っていう微分的な動きが、ハッと息を飲ませます。大野さんとかピナバウシュとかにも通じるかも?存在自体で場を作り空間を成立させていました。

P1040689.jpg  P1040690.jpg P1040686.jpg


P1040691.jpg  P1040693.jpg

平井優子氏は今やダムタイプの看板ダンサー。かた、かたち、の生成のようなものを連想しました。。 あと、この間ふと見つけて見に行ったPerrinneとは学校が同じだったらしく、実は私も9年前にトゥールーズで会っていたらしいのです!どうりで会った時、違和感無かったはず、、というかすごい偶然、縁です。びっくりしました。世間は思いの外、狭いのですかね、、。

Joyeux Noël !
ヴェルナー・パントン展 コ-プ・ヒンメルブラウ展
2000年のヴィトラデザインミュージアムから始まってやっと日本にやってきたパントン展。
遅ればせながら行ってきました。2000年のは見逃したんだけど、カタログは持っていたので、なんだか嬉しかったです。ファンタジーランドスケープでは童心に返ってアスレチックのように1時間以上遊んでました。それにしてもこの作品70年ってことは約40年前の作品。パントンがいなければ、ザハハディドだって、ロンアラッドだって、エルンストネトだっていなかったと思うと、稀有なるオリジネーターであり天才だと思います。。
ヴェルナー・パントン展

あと、コープヒンメルブラウ展。
心拍を光と音に変換させるインスタレーション。
デコン宣言?ようなマニフェストを掲げる都市計画案。
昔カッティングエッジで実現不可能だと思われたプロジェクト等が現代のテクノロジーにて実現しているのを見ると素直に嬉しくなります。
コ-プ・ヒンメルブラウ展
Major Force live !

@Microcosmos
P1040647.jpg
Major Force live!(高木完、中西俊夫、K.U.D.O、屋敷豪太)
P1040656.jpg
feat.野宮真貴
なぜか一番前ど真ん中になって、至近距離!
途中バスドラのペダルが壊れて、後半バスドラなしだったのがちょっと残念だったけど、さすが、抜けのあるドラムスでいい音だしてました。それにレスポールとフェンダーアンプのエッジの効いたギター、そしてVo,ラップが絡んでカッコ良かった!もうアラ50の彼ら、、凄いなあ。。
http://vimeo.com/8288230

なんかまたバンドやりたくなったな。

ちなみにMICROCOSMOS一周年で昨日は昔フライヤーつくった事もある松浦俊夫氏がDJしてました。
忘年会
昔在籍した事務所の忘年会に呼ばれ久しぶりに顔を出す。
どこから集めたのか、いつも面白い人達(巨匠クラス)が集まる。
コムデギャルソンを昔から設計している河崎隆雄氏、謙虚で温和な感じの中に鋭い一言があって流石だなあと関心、、。
植木莞爾氏は、NYのMOMAなど谷口吉生氏と協同でインテリアデザインを担当されてきたり(昔disco仲間だったらしい、、)、アップルストア全店舗設計に至るスティーブジョブス氏とのエピソードとか面白かった。

そして、骨董と美術とインテリアと建築の狭間で揺れ動いて生きてきたITAMI氏。
大器晩成なのか、最近巨大プロジェクトが始動しているのだが、
ますます精力的かつ真摯に建築に打ち込んで行く意気込みを感じました。
Body and shape
M-recto[1]

振付: Perrine Valli
Perrine Valli
鈴木アイリ 
Kazuma Glen Motomura

P1040629-2.jpg

ちょっと調べ物してたら偶然見つけたダンス公演。ふらっと立ち寄ってみる。
@代官山に11月末に出来た”M event sapace and bar”. Combineのようないい感じのスペースです。
(以前カルロスゴーンさんの奥さんの経営されていたマイレバノンというレストランだったところ。)
ハコ自体小さいからか観客は30人くらい?で半分以上仏人。
そのおかげか?色々な人と話せて楽しかったです。
トイレットペーパーで空間を仕切り、3人の関係性か?な?
こういうコンテンポラリーダンス、日本でもっとメジャーになって欲しいです。。
Bouchon d'Or 銀座5 ★▲☆
ランチ1000円

・サラダ 
・黒鯛のポアレ ブールノワゼット 黒鯛は新鮮で、皮ぱりぱり中ふわっとした焼き加減が良かった。松の実・ナッツの香ばしさとトマト・ケーパーの酸味が加わったブールノワゼットソース。なんとも「フツウ」なんだけど、おいしかったです。
・コーヒー
MASA'S KITCHEN 恵比寿 ★▲☆
ランチ 2000円
P1040586.jpg
乾し海老の出汁の効いたスープ ハムのはさみ揚げカレー風味(これが一番美味しかった)
P1040585.jpg
トウチの効いた豚肉ブロッコリー炒め 八角の効いた鶏の煮付
各料理全てにおいて一種類の香辛料にスポットを当てているような感じ。これでデザートついて1500円位が妥当では?まあ美味しい中華だけどお得感が無いのは白くてシンプルだけど安っぽい内装のせいも?
スペイン:新時代のアーバンカルチャー
@セルバンテス文化センター 
 
P1040574.jpg
レセプションでの巨大パエージャ!

P1040581.jpg
ジョルディ・ラバンダ展

P1040572.jpg
イサベル・コイシェ(監督)と菊地凛子。 その後パーティでは気さくにサインとか写真とかに応じていてました。
"map of sounds of tokyo" 田中泯、そして渦中の押尾学も出演(日本上映では出演シーン全てカット)。現在開催中のスペイン映画祭で上映されましたが、今後の日本公開は未定らしいです。。監督の一言、今撮っているのが、「日本人男性とだと本当の恋愛が出来ないと日本を離れてパリに来て結局日本人男性と恋に落ちている日本人女性達のコメディ」というのは笑えました。実際そういう人にたくさん会ったのでそのおかしさ?と哀愁?が共有できました。
中国膳房 黎花  銀座5 ★★☆
P1040557.jpg
くこのみとかの入った薬膳スープ
ナスのはさみ揚げ トウチベースの甘辛煮(土鍋)
お粥 
抹茶ベースのデザート
ほんのちょっと味が濃いかな?っていう気もしたけど美味しいです!
888は当分するそうなので、病みつきになりそうです、、。
レトロドール ファリネ
いわずと知れたVIRONのレトロドールファリネ。
いつも切るのが面倒なので、斜め二cmに切ってもらう。で、すぐに食べてしまって、その日か次の日の朝には無くなっている。
カイザーは、ちょっと柔らかい感じだけど次の日の夜にはなくなっている。
ロブションは2-3日経っても残ってることもあってパン粉にすることもあるからあまり好きではないのかな。
Fashion is not about looking back, it’s always about looking forward.
とあるデザイナーが、ほとんどの人の感性は若い10-20代の頃形成されて、その後はその価値観に固定されるんだけど、デザイナーたるもの常に新しい感性に刷新していかないといけないしそうしないと食べていけなくなる。。と言ってた事を思い出しました。これはファッションでもデザインでもインテリアでもなんでも同じ。この映画(ファッションが教えてくれること)見て、デザイン業界ってどこも一緒なんだなあ、、って思いました。。 

「2012」も映画の日だったので見たんだけど、こういうCG/VFX/SFX満載の映像と音響はやっぱり映画館で見るべきですねえ、、内容無くても?音響と映像で充分楽しめました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。