A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
L'atelier de Joel Robuchon ★★★☆☆ 六本木
Menu Dejeuner A 2900円+1050円(デザート)=3950円
Menu Dejeuner B 5250円+1600円(フォアグラ)=6850円


まずは見た目は良いオードブル。


大葉の香りの強い、フォアグラ(入ってるの?)のラヴィオリ入りスープ。


まあ普通に美味しいサンジャック。



アントレを口にしたときはアレッどうかな?と思ったが、メインになってびっくり。
あまり期待していなかった分、かなり満足したのかも。
それはフォアグラのパルミジアーノリゾット添え。(+1600円)


香ばしいパルミジアーノと、フォアグラが絶妙に絡み合って美味!
これは旨いなあ、、。


エストラゴン風味の鶏も焼き方がうまく、クリームソースとよく合いおいしかった。


デゼール ショコラ うまい。


まあまあ。

全体の印象としては、料理はリーズナブルだし正統的に美味しいが、ワインが高い。
フラッと立ち寄って美味しいものを昼から突付くのには良い店。バーカウンターだしね。
でも、良いソムリエを増やすとか、ワインリストを見直すなど、ワインやサービスに関しては改善の余地があるのではないだろうか。(この店って良いものは自分で見つけなくてはいけないのかも。)(サービス料10%。)

ちなみにワインは、、
シャンパーニュはブルーノ・パイヤール(1600円) んー酸味が強くてあまり好きな味で無いな^。キールロワイヤルにした方がうまかった。(1700円)
白のグラスは、ローヌの白、セパージュはと聞くとヴィオニエというので頼んでみると、イマイチミネラル感が無くて腑抜けた印象だったので、あとでボトル見せてもらったら、マルサンヌとヴィオニエの混合。イマイチダナア、、。(1350円)
で、赤のお勧めを聞くと、リオハや、ナパを勧められる。(んー、、なんか違うなあ、、、)
最後にブルゴーニュも良いでよというのを聞いて、、
これだっと閃いてそのブルゴーニュ・オートコードニュイにする。(1800円)

これが良かった!
David Dubandという若手の作り手で、芳香なブーケが香りたち、飲むと酸とタンニンのバランス良くて少々硬い印象があったが、とにかく柔らかくもしっかりとしたブーケが印象的で、追加注文したフロマージュ・モンドール等ともぴったりだった。(2400円)
後で調べるとこの作り手、同い年。
何か親近感を持てて、またひとつ好きなワイン(作り手)を知ることが出来て嬉しい一日でした。
スポンサーサイト
伊勢丹 デパ地下 新宿
実は初めて訪れた。
ピエールエルメのマカロン、地域別でわかりやすくかつリーズナブルなワインセラー、カイザーのパン、中国飯店富麗華の惣菜、等等。
秀逸だと思ったのが、フレンチの惣菜。
トリュフやフォアグラ等の惣菜が(小さいが)1000円以下で買えるのにはビックリした。
色々食べ歩くよりも、デパ地下に通ったほうが手っ取り早く安く美味しいものに出会えるのでは、、、。
Cantina firenze 神楽坂
イタリアン
ランチ1200円 1800円 パスタが美味い。
手打ちフィッチチーネとラグーソース等がよく絡み合う。
良い感じです。
オッソブーコ
昨日はサンテミリオン。
今日のオッソブーコはバルベーラで合わせた。
白トリュフもピエモンテなので、がちがち郷土路線でいくとバルベーラだけど、やっぱり複雑味のあるサンテミリオンのほうが美味しかったな。
尚、オッソブーコ+サフランリゾットにはイタリアンパセリとレモンの皮は必須で、さっぱり食べられます。osso.jpg
オッソブーコ
牛すね肉 ラムすね肉 共に半額になっていたのでついつい手が伸びてしまい、
赤ワイン煮込みにしてみた。
白トリュフバターを加えた。
やはり香料の香りがするのは否めないが、確実にトリュフの香りはする。
今日はラムのみ食す。オッソブーコは明日の楽しみ、、。
権八 西麻布
焼き鳥丼ランチ1000円
何故か外国人比率高いけど、接客もよく味も良し。
モンスーンとかと同じ系列だけど、ここまで事業拡大して生き残れる事はさすがだと感心します。
L'encrier ★★★ パリ
昨日立ち読みしていたら、もう7年前に毎週のように通っていたパリの店が紹介されていて懐かしくなりました。そのころは69フランで前菜+メイン+デザートで、すべてが新ビストロ料理で美味かったのです。デザートのプロフィットロールは絶品で、この本の中にはその写真が!!!おばちゃんも相変わらずで、厨房の中もあまり変わっていない様子。久しぶりに行きたくなったな、、、。やっと日本の本でも紹介されたって感じです。「パリの小さなレストラン」
中嶋 新宿
刺身・焼魚・煮付等ランチ800円 柳川のみ900円
相変わらず文句なく美味い!!!
しばらくぶりだったが、以前より活気付いて、しかも量も多くなったような気がします。
こういう変わらずに美味い店って貴重だと最近特に思います。

(後日)
ミシュラン見てたら、なんと中嶋が星とっていました!!
昔から好きな隠れ家だったのに、この間は妙に活気付いていたのはそのせいだったのか、、。

ヨロイズカ 六本木
こんなことがあっていいものだろうか。
久しぶりにヨロイズカのケーキを買って食べた。
なんかその辺で売ってるケーキと同じになってきた感じ。
具体的はフワッとした感じが無くなり、甘さが増し、硬くなった感じがする。
何故か?レシピは変わらないのだろうが、それを作る職人の意識が、なにか機械的な流れ作業的なものになっているのだろう。
目新しいものもあまりなかったし、もうしばらく良いかな、、、。
LE PRE VERRE ★★★ 表参道
GYRE内のビストロカフェ。
ランチ1200円、1800円。
ロケーション良いし、大した事ないだろうなあ、、と思っていたら、
まずは、カレー風味のポタージュにビックリし、
鶏肉のポレンタ添えもオレンジ風味で美味。
鴨のコンフィもうまい。
デザートはお正月でガレットデロワ、カフェつきでこの値段。

soup-preverre.jpg

prepoison.jpg

previende.jpg

garetroi.jpg

ぶっきらぼうなおっさんの店員とか、フランス人の若い店員いたり、良くも悪くもフランスのビストロっぽくて好きです。
ロケーション、料理共によいビストロってあまりないので、かなり満足。
(初期キノシタを発見した時のような高揚感です。)
こういう店が東京ビストロの在り方に一石を投じて欲しいものです。
(年始から今年№1候補!)
SKIING
10年ぶり位でスキーに行った。
まず驚いたのが、スキー板の形状と短さ。
そして、以前は大半はスキーヤーで10%位がボーダーだったのに、今はちょうど正反対逆になっているということ。
、、実は久しぶりだったので滑れるか心配だったが、昔取った杵柄?か、何の問題もなくコブとか攻めてました。
何しろ小学生の頃から高校生くらいまでは冬も春も少なくとも一週間はスキーに行っていたから、普通に滑れるというレベルがもしかしたら高いのかもしれない。そうか!スキーの替わり?に大学生の頃からは色々海外旅行(放浪?)行くようになったからこんなにブランクあったんだろうな。
運良く?晴れていて遠くの山々の峰の景色が素晴らしくて、夏に続いて仏人の友人達にまじってのプチバカンスでした。
でも仏語もう少しはわかるようなるようにしないとなあ、、、(なにしろ仏人同士話してるとチンプンカンプン)もう一度フランス語勉強しなおさないとな、。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。