A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Chef Yoshino ★★★★★
昔、ステラマリスという一軒の美味しいフレンチレストランが早川にありました。
僕の父はそこに2年間で60回も!通いつめたそうです。

まだ学生だった僕も行くのが楽しみで、フレンチの旨さというものを強烈に脳ミソにインプットされました。何しろ20回近くは行ったような気がします。地元の魚や野菜、そしてジビエ等、旬の食材をふんだんに使用した一度として同じものは出さないフレンチで、まさに一期一会といえる料理を常に驚きと共に味わっていました。(後にYシェフは実はこんなに通いつめる人に毎回違う料理を出すのは大変だったと言っていました。尚、父とシェフは料理を巡って喧嘩までした事もあります。しかし、そういった事も勉強になったといっていたし、シェフと客が対等に接して切磋琢磨してゆく事は、フランスでは割とあったけれども、日本では稀少な事だったと言っていました。よき批評が料理人を育て、それは結果的に料理_芸術_文化を発展・向上させると。そしてこれは全ての芸術活動に対して言えることではないでしょうか。)こういった経験は、僕の味覚の基本を形成し、料理に対する態度を決定付けました。

星取りのためにパリに渡ったシェフはその後Stella Marisを凱旋門近くに開き、紆余曲折して今年ようやくミシュランの一つ星を取りました。

僕が初めて知ったのは、3月末に西麻布のとあるビストロでランチしていた時です。
ふと見ると今年のミシュラン赤本があったので、開いてパラパラとめくっていたら
"Stella Maris"の文字を見つけました!
ビックリしたのと嬉しいのとで、アッと声を上げてしまいました。
星は関係ないと思っていましたが嬉しかったです!
何しろパリで賄い食べさせてもらったり、一緒に2つ星レストラン行ったりした事もあったので、。

そして、その報告を兼ねてか、凱旋帰国中?のシェフが初めて我が家に遊びに来ました。やっと肩の荷が下りたといった感じでした。
いまや世界のCHEF Y(自分でそう言ってました。)を相手に、
父は料理対決をしようなどと無謀な事を言ったりしたのを、本気で相手にしたりして、Yさんも楽しい夜だったみたいです。
でも今度家に来て料理してくれると言っていたので期待しています。
(これぞ本当のシェフズテーブル!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。