A+ Lunch ランチ (恵比寿・・六本木・・銀座・・青山・・赤坂・・)
コメント+美味しい店情報・お待ちしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
wINE

LUMIERE PETILLANT 甲州のペティヤン 生ナ感じが良いです!
SULA なんとインドのスパークリング 
海苔っぽいにおいだったので、カルダモンとか入れたらエスニックなスパークリングに?!(笑)
herve malRaud 特徴無いけど一応シャンパーニュです。
DSC04191.jpg
Montus06 マディラン タナ CS 果実実豊かでコクも若干の複雑味もあり美味しいです!
LANGHE NEBBIOLO 08 樽も効いてるし、コクもあるけど飲みやすくて良い感じです!
CLOS HERMITAGE 09 ちょっと早かったかな。。酸味強くてちょっと残念。。
LA PLANTA テンプラニーニョのストレートな味わいで飲みやすい感じでした。
スポンサーサイト
ワイン
IMG_3514.jpg
IMG_3570.jpg
IMG_3465.jpg
Y's wine gallery
今日は自慢です!
ブラインドテイスティングイベントにて、セパージュ、国、ヴィンテージまで全て当てました!超感動!
二日間開催していて唯1人だったみたいです!プレゼントまで頂いて有難うございました!
http://www.yswinegallery.com/

その昔、日本酒の産地当てをブラインドでやって全て当たった事あったけどそれ以来かも、、。
というか、ワインのブラインド自体初めてに近いのに、、!でも、味覚は記憶だと実感しました。
GONET GRAND CUVEE ZERO
DSC02249.jpg
さすがドサージュ・ゼロだけあって超辛口。
泡立ちも強めで夏の暑い日にのどを潤すにはよい感じ。
シードルかと思うかのようなリンゴの香りがします。
香りは甘いのに味は超辛口という舌の上で二種類の味覚が感じられる個性的なシャンパーニュ。
これだけ個性あると逆に料理を選びそう。
魚系カルパチョだと魚の臭みを助長させそうだし、うーん難しいなあ、、。
あえていうと、ベタに言えば生ハムメロンとか甘めのフルーツとか使ったアミューズとか。
(もちろんサラダには合いました。)
でもずっと飲み続ける感じではないかな。。
PF 2007 
DSC02166.jpg
P.Fペー・エフェ 2007  フアン・アントニオ・ポンセ
フィロキセラを逃れた接木なしの樹齢60年以上の木、ピエ・フランコの単一畑。ビオ。
スペイン中央南東部の DO Manchuela。セパージュはボバル100%。

かなり濃い。樽香というかスモーキーな香りがカカオっぽい感じもするし、ブラックベリー系の果実実もある。タンニンはやさしく甘い感じも。余韻はかなり長い。
直球勝負でガツンとしたワインですが、後から包み込むようなスモーキー香が特徴的で甘くやさしい感じもあります。
ボバルというのはバルクワイン(安ワイン)用だったのだが、このまだ若き生産者が復活?させたらしい。
ボディはCBやM、香はPNやG、いやらしくないフレンチオークの香、フィネスさえ感じます。
これ、絶対ビステッカアラフィオレンティーナに合います!赤身の分厚い炭火焼のステーキ。直球勝負には直球勝負で! 重いんだけど軽く食べられるステーキに、重いんだけど軽く飲める赤のマリアージュ。シャロレー牛のステックフリットとかでもいいんだけど、気分的にはキアナ牛です! それ以外では炭火焼で鹿とかのジビエとかかな。
藤木酒店 銀座三越 裏
自然派ワインに転向した藤木酒店。良い感じの品揃えです!
何本か飲んで美味しかった記憶のあるものがおいてあって店員さんも爽やかで好印象。
DSC02001.jpg
テイスティングもカウンターで出来ます。4本1万円のセットの試飲をしていました。
写真はVIN COEUR (CUL!) CUVEE ROUGE
ガメイ 50 コー25 ピノドニス25
ティエリー・ピュズラ
コーというのはマルベックのシノニム
それにしても、25%入っているピノドニスの性格が明確に出ている気がします!
ガメイでもコーでもないところを探すと、かなり濃い感じのピノノワールに似たものを感じられます。
たぶん初めての飲んだセパージュだし、興味深いです。
次回はピノドニス100を飲んでみたい。

価格帯も高くも無く安くも無い(つまり3000円前後)のものが多く使いやすいワイン屋さんだと思います。
面白そうだったのは、ジュラのワインでサヴァニャンでつくった白とかペティヤン。
良い感じです!
Ch LE SARTRE
DSC02057_20100920203355.jpg
Ch LE SARTRE 2006
ペサックレオニャン ソービニヨン80 セミヨン20
ピーチのようなアロマ、しっかりとした酸味とねっとりとした甘みバニラ香、若干の苦味、あまり複雑実は無いけど好印象です。
遊心庵 高松市
日本酒の美味しいBARです。
料理も美味しいらしいけど、今回は飲みだけです。

DSC01196.jpg
セラーの中に所狭しと銘酒が並びます。

DSC01194.jpg
安芸虎 高知県 山田錦 

DSC01201.jpg
鳳凰美田 栃木県 山田錦 生詰


悦 凱 陣  香川県 純米吟醸 赤磐雄町

真打登場です!地元香川県の幻の銘酒!凱陣.
バニラ香というより米っぽいからバナナ香?みたいなまったりとした感じ、吟醸香、まろやかだけどしっかりとした酸味、わずかな甘み、苦味が交じり合って絶妙な味です。
H16年製 日本酒ってこう熟成するものなのかと、その深い味わいにびっくりしました!フレッシュな酸味がまろやかに変化している感じがなんとも「生」なのだなあ~と感じられます。この熟成感がたまらないです。
ワイングラスで少々冷やして出されます。日本酒でもその味わいによって、色々グラスを変えて出すそうです。
今回はリーデルでいうと丸いモンラッシェの形のグラスでした。

最近日本酒を飲む機会がすくなって来ていましたが、久しぶりに本当に美味しいお酒を頂いた気がします。
熟成させるための保存方法や、適切な抜栓時期など、愛情をもって接すれば、こうも日本酒が美味しく飲めるのかと、再認識しました!瓶内熟成で味が変化していく醸造酒の醍醐味です。

DSC01197.jpg
CALERA MILLS 2006 Pinot Noir
ワインもあります。少し冷やした状態で出されたのですが、夏のカリフォルニアの若いピノの飲み方として、正しい気がしました。爽やかに少々冷で口に含み、その後、口の中で香が開がる感じです。というより、実は常温になったらまだ飲み頃では無いのかも?という感じでした。

食べ物好き・お酒好きとわかると連れて来てもらったお店です。
マスターや来ている方々も面白い人ばかりで、新聞社やイベンターの方々と楽しい夜でした!
ありがとうございました!
スキンコンタクト
DSC00438.jpg

GRAND BATEAU BORDEAUX 2008
(SB75 セミヨン25)
ユリのような香りと樽香
パッションフルーツのような果実実、セミヨンからの?苦味、渋み、コクがある感じだけど、酸味がしっかりとあり爽やかに飲めます。皮の渋みと深みが何でなんだろうと裏ラベルを見ると、スキンコンタクトしていて、破砕後、果汁・果皮を一定期間一緒にしているからだと判明。バトナージュ(かき混ぜて澱や酵母を触れさせる事)を行うことでボリューム感のある感じになっていることも。ほうほう勉強になります。

2週間漬け込んだシュークルート ソーセージ にもしっかりとした白なので合いました。
魚料理と赤ワイン
暑いときにはやはり南仏~イタリア系料理!ということで、、

桃とスイカのカッペリーニ バニラ風味のシュリンプ添 / ビシソワーズ
DSC00152.jpg
イサキのポアレ カポナータ添 ソースアメリケーヌ
DSC00151.jpg
ボージョレ赤 2008 少々冷やして (VDP des Gaules/Marcel Lapierre)
色合いは薄くてロゼのよう。味も同じく。酸はおだやか、薄いけどしっかりした果実味、ビオのガメイらしく土の感じもあり、優しい感じ。
カポナータとよく合いました。イサキもソースアメリケーヌでカポナートと一緒に食べたので良く合いました。
魚に赤ワインって?と初めいわれたけど、皆飲んで納得です!
(実は白を切らしていて買いに行ったら休みだったので、急遽ストックの中からこの軽い赤を合わせようと思いついたのです。)
ガメイがもともとトマト系と合うと思うし、VDPのかなり軽い赤なので、夏に少々冷やして飲む赤としてはいい感じです。

シードル
ガスパチョ 一日仕込んでカイエンペッパーでピリッとさせて美味でした。
豚とねぎの冷しゃぶ たれは白バルサミコ酢と醤油 玄米 +レッドほうれん草
コンテ カマンベール コンフィチュール バター レトロドールファリネ
ビア シードル テキーラサンライズ

P1070758.jpg
シードル、ねぎの甘さ、豚冷しゃぶに合いました。

飲みメニュ w/KH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。